水曜日, 2月 21, 2024
ホーム商品サービス​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始のサブ画像1

環境に配慮したものづくりを続けるバッグブランド「FUMIKODA(フミコダ)」を展開する株式会社FUMIKODA(東京都目黒区・代表取締役 幸田フミ)は、お客様から寄贈された使用済みのFUMIKODAバッグを学生に寄付する「リユースプロジェクト」を、2020年より実施しております。

第1期、第2期目では、ビジネスプロフェッショナルのおさがりバッグ8点を就活中の学生を中心にお届けすることができ、バッグを寄贈いただいたお客様、バッグを譲り受けた学生達へのインタビューを実施いたしました。
本プロジェクトが大変好評だったことから、2022年9月1日より「リユースプロジェクト」第3期目を開始いたします。

  • 第1期、第2期リユースプロジェクト結果

お客様から寄贈いただいた使用済みのFUMIKODAバッグをメンテナンスの上、希望する学生に寄付いたしました。
・実施期間:2020年4月〜2022年3月
・応募数:37件
・寄贈したFUMIKODAバッグ点数:8点

▼学生のインタビュー

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始のサブ画像2

教育学部(4年生)Mさん

https://fumikoda.jp/blogs/journal/201105-reuse-student
SDGsに関する卒業論文の制作にあたっていたMさんは、リユースプロジェクトを取り上げた新聞記事を読み、応募してくださいました。「こんな素敵なバッグをいただいた上に、社会貢献の一助にもなっているなんて。SDGsやアニマルフリーなど環境への配慮を重視しつつ商品も大切にする、FUMIKODAのブランドアイデンティティーに改めて共感しました」

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始のサブ画像3

医学部(4年生)Fさん

https://fumikoda.jp/blogs/journal/210908-reuse-interview
新聞に掲載されたリユースプロジェクトの記事を目にしたお母様から話を聞いて、応募してくださいました。
「FUMIKODAのことはそれまで知りませんでしたが、ホームページを拝見して、自分もこんな素敵なバッグを持ってみたいと思いました。エシカルという言葉も、そのときに初めて知りました」

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始のサブ画像4

音楽大学(3年生)Nさん

https://fumikoda.jp/blogs/journal/220308-reuse-interview
知人のSNSなどを通じてFUMIKODAをご存知で、応募してくださいました。「環境に配慮したものづくりを徹底されていて、ものを無駄にしないという強い意志に感動しました」
 

  • 第3期リユースプロジェクト概要

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始のサブ画像5

2022年9月より第3期目のプロジェクトを開始いたします。

・実施期間:2022年9月1日〜2023年3月31日
・詳細ページ:https://fumikoda.jp/pages/reuse

◎バッグを寄贈したいお客様のながれ

・申し込み方法:オンラインにてお申し込みいただきます。
・対象製品:FUMIKODAの使用済みバッグ
・寄贈の流れ:

  1. FUMIKODAから配送用ボックス、着払い伝票、メッセージカードを送付いたします。
  2. ボックスに寄付したいバッグと記入したメッセージカードを入れて、宅配事業者に集荷を依頼(送料無料)していただきます。
  3. 寄付のお礼として、FUMIKODAから無期限で使える2,000円OFFクーポンをメールで贈呈いたします。
  4. FUMIKODAに届いたバッグを除菌・メンテナンスし、シリアルナンバーを刻印いたします。
  5. バッグを希望する学生にお届けいたします。

◎バッグを希望する学生

・申し込み方法:オンラインにてお申し込みいただきます。
・応募資格:エントリー時点で、大学・大学院・短大・専門学校、いずれかの学生であること
・お届け時期:期間中随時

・詳細ページ:https://fumikoda.jp/pages/reuse-project-student
 

  • 「リユースプロジェクト」実施の背景と目的

日本の社会問題となっている学生の貧困化。日本学生支援機構の「学生生活調査」(令和2年度)によると、学生生活費は前回調査(平成30年度)から5.3%減少し、収入額も3.7%減少したそうです。コロナ禍でさらに貧困が深刻化し、学生は就活用のバッグを用意するにも負担を強いられています。

そんな中、お客様から「まだまだ使えるバッグだけど、あまり使っておらず、置く場所が限られてしまうので誰かに使ってもらえないでしょうか?」とお申し出がありました。

▼寄贈いただいたお客様のインタビュー

​使い終えたビジネスバッグを次の世代へ寄付。「リユースプロジェクト」第3期開始のサブ画像6

モノを循環させる中で想いを巡らせ、使う喜びを知る―SDGsの理想の形とは 「リユースプロジェクト」発案者 TANAKAホールディングス 理事 原田和佳子さん : FUMIKODA WOMANインタビューvol.12

https://fumikoda.jp/blogs/journal/220830-fumikodawoman

FUMIKODAのバッグは、高級車の内装に採用されている軽量で劣化しづらいヴィーガンレザーを使用しているため、耐久性が高く、長くお使いいただくことができます。
使われなくなったバッグを学生にお届けして、将来社会人として立派に活躍するために使ってもらいたい。お客様と話し合い、プロジェクトを始動いたしました。
 

  • FUMIKODAのご紹介

FUMIKODA(フミコダ)は2016年の創業以来、地球環境に配慮したものづくりを続けているメイドインジャパンのバッグブランドです。ITコンサルティング会社を経営している幸田フミが、機能的でデザイン性が高く、できるだけ環境に負荷がかからないビジネスバッグを日本で生産したいという思いで「スマート・コンフォート」をコンセプトに立ち上げました。
製品には高級車の内装にも採用されている高耐久の日本製ヴィーガンレザー(人工皮革)を使用。長くお使いいただけるよう、国内の工房で丁寧に製作しています。日本が培ってきた美意識や伝統技術を国内外に広めていくため、一部製品には日本の伝統工芸を取り入れています。
また、生産の際にあまった生地をアップサイクルし、障がい者支援施設でたアイテムを製作して販売したり、使用済みの自社バッグを回収して学生に寄付する「リユースプロジェクト」を実施したりと、創業以来SDGsに積極的に取り組んでいます。
・SDGsへの取り組み:https://fumikoda.jp/pages/concept#sdgs

会社概要

商号 :株式会社FUMIKODA
代表 :幸田 フミ
所在地 :東京都目黒区青葉台1-16-7 朝日橋ビル3F
設立日 :2016年5月20日
資本金 :3,300万円
事業内容:アパレル製品の販売
URL :https://fumikoda.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments