火曜日, 2月 27, 2024
ホーム商品サービス世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始

2023年1月にMakuakeクラウドファンディングにて400%達成を果たした極上のヴィーガン対応菜食冷凍弁当。動物性食材不使用とは思えない味噌茄子田楽弁当と三色丼弁当がご自宅で楽しめます。

Red Yellow And Green 株式会社(代表取締役:細井優、本社:東京都渋谷区、以下:Grino)が展開する冷凍プラントベースフードブランドの「Grino(グリノ)」が、「Makuake」クラウドファンディングにて400%の達成率を記録した“食物繊維豊富なヴィーガン対応腸活補助弁当”「Grino Bento」2種の一般販売を開始。
旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」の2021年のトラベラーズチョイス 高級店部門において最優秀賞を受賞し、世界第3位(日本1位、アジア1位)にランクインした超人気店「伊勢すえよし」の田中佑樹氏とゼロから開発をした極上の菜食弁当を、いつでもみなさまのご自宅へお届けできる準備が整いました。

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像1

Red Yellow And Green 株式会社(代表取締役:細井優、本社:東京都渋谷区、以下:Grino)が展開する冷凍プラントベースフードブランドの「Grino(グリノ)」が、「Makuake」クラウドファンディングにて400%の達成率を記録した“食物繊維豊富なヴィーガン対応腸活補助弁当”「Grino Bento」2種の一般販売を開始。

 

旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」の2021年のトラベラーズチョイス 高級店部門において最優秀賞を受賞し、世界第3位(日本1位、アジア1位)にランクインした超人気店「伊勢すえよし」の田中佑樹氏とゼロから開発をした極上の菜食弁当を、いつでもみなさまのご自宅へお届けできる準備が整いました。

  • 『割烹 伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中佑樹氏と開発

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像2

割烹 伊勢すえよし

食財の宝庫 三重県の生産者から直送する特選食財を使った東京 西麻布の懐石料理店。
旅行クチコミサイト『トリップアドバイザー』の2021年のトラベラーズチョイス 高級店部門において最優秀賞を受賞し、世界第3位(日本1位、アジア1位)にランクインした超人気店。

参考情報:【トリップアドバイザー、2021年トラベラーズチョイスアワードを受賞いたしました。】
http://isesueyoshi.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

田中佑樹(たなか・ゆうき)

料理人の父親の元 幼少から料理の手ほどきを受け、服部栄養専門学校卒業後にミシュラン3つ星の老舗料亭「菊乃井」で修行
その後世界各国の郷土料理店で働きながら世界一周をし、地元に根付いた食文化の成り立ちへの関心を深める
2015年 西麻布に「伊勢すえよし」をオープン 三重県の生産者のとお客様を繋ぐため日々厨房に立つ
2020年 地元の食材を守るブランド「三重の恵み」を創設
2021年 「サステナブル板前」と名乗る 地球と人間の共存のために、伊勢すえよしでは定期的に精進出汁・植物性食材のみで構成されたヴィーガン懐石コースの日も作っている
東京の観光スポット100選を決めるTOKYO100第一弾において第3位に入選
2021年トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベストにおいて日本の高級レストラン1位、世界の高級レストランで3位を受賞

そんな料理人としての確かな腕と実績を誇る『伊勢すえよし』の田中佑樹さんとの共同開発によってつくり上げた至高の菜食冷凍弁当がいよいよ一般販売開始となります。

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像3

 

  • ​伊勢すえよし×Grino コラボ弁当 Grino Bento 菜食味噌茄子田楽

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像4

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像5

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像6

味噌茄子田楽は、大きめの茄子に八丁味噌と大豆ミートでつくった味噌田楽がよく合う、ごはんの進む一品に仕上がりました。
さくら大根と枝豆を玄米に混ぜ込んだ華やかな混ぜ御飯は、食感もたのしい一品です。6種類の野菜の煮物と おくら昆布和えと一緒にぜひこだわりの玄米まぜ御飯をお楽しみください。
ゴボウとキノコの梅肉炒めは、菜食コンサルタント山﨑由華さんのレシピを採用し、梅がほどよいアクセントとなっています。

【伊勢すえよし×Grino Bento】菜食味噌茄子田楽
販売価格:税込1,400円
https://grino.life/products/isesueyoshi-misodengaku

《原材料》
米(国産:信州産特別栽培米)、冷凍なす、むき枝豆、レンコン、生しいたけ、里芋、てんさい糖、桜大根、オクラスライス、みりん風調味料、八丁味噌、栗かぼちゃ、にんじん、冷凍いんげん、まいたけ、濃口醤油、大豆ミート、ごぼう、えのきたけ、長ねぎ、しいたけパウダー、オリーブ油、梅干し、上新粉、おろしにんにく、刻み昆布、並塩、米油、胡麻、黒こしょう、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

《栄養成分》
1 食あたり 408g
熱量:562kcal

たんぱく質:13.87g

脂質:16.55g

炭水化物:92.91g

食塩相当量:3.9g

食物繊維:10.8g

お弁当箱の大きさ:縦18cm 横24cm 高さ4.5cm

 

 

  • ​伊勢すえよし×Grino コラボ弁当 Grino Bento 菜食三色丼

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像7

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像8

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像9

「本当にお肉をつかってないの!?」と感じてもらうために、細部までこだわり抜いた“そぼろもどき”と、菜食コンサルタントの山﨑由華さんのレシピを採用した“たまご”部分にあたる黄身風フムス、たっぷりの小松菜おひたしの3つのおかずと美味しいミルキークイーンの玄米がお口の中で合わさり、絶妙なハーモニーを奏でる菜食三色丼弁当。
根菜の霙(みぞれ)煮も、お魚などの出汁を使わず、お野菜を真空加工することで旨味を引き出し、煮汁を纏った大根おろしとの抜群の相性をお楽しみください。
おくらの昆布和え、蓮根のずんだ和えの2つの副菜も、素材の味を存分に楽しめるやさしい味に仕上がっております。

【伊勢すえよし×Grino Bento】菜食三色丼

販売価格:税込1,400円

https://grino.life/products/isesueyoshi-sanshokudon

 

《原材料》
米(国産:信州産特別栽培米)、レンコン、小松菜、ひよこ豆、みぞれ大根、むき枝豆、生しいたけ、里芋、濃口醤油、オクラスライス、みりん風調味料、米油、栗かぼちゃ、にんじん、冷凍いんげん、てんさい糖、ごぼう、料理酒、大豆ミート、豆乳、干ししいたけ、高野豆腐、しいたけパウダー、ごま油、上新粉、胡麻、刻み昆布、並塩、ブラックソルト、ターメリック、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

《栄養成分》
1 食あたり 447g
熱量:592kcal

たんぱく質:16.41g
脂質:17.35g
炭水化物:97.67g 食
塩相当量:3.6g

食物繊維:13.9g

​お弁当箱の大きさ:縦18cm 横24cm 高さ4.5cm

 

  • Tokyo Bento Laboの高い製造技術によって“至高の冷凍弁当”に

伊勢すえよしの田中さんがどれだけ美味しいレシピを開発しても、その味を冷凍のお弁当で再現するためは高い製造技術が必要不可欠。そんな悩みを吹き飛ばしてくれたのが、Grino Bento開発初期からの製造パートナー株式会社Tokyo Bento Laboさんでした。

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像10

今回の2種のお弁当の開発の過程で、田中さんご本人も「盛り付けの丁寧さも含めて、再現レベルが本当に高い」と大絶賛。

代表の関克紀さんをはじめ、優秀なスタッフの方々が一品一品手づくりで完成させるGrino Bento(現在発売中の6種)は、冷凍食品らしからぬ美味しさとレンジ加熱5分で食べられる手軽さから、あっという間にGrinoの主力商品になりました。
今回新たに2種の特別なGrino Bentoが加わり、Grinoにとって欠かすことのできない 自慢の製造パートナーとして益々協力関係を深めていきます!

 

 

  • Makuakeクラウドファンディングについて

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像11

2022年12月16日〜2023年1月10日の期間におこなわれたGrino初のMakuakeチャレンジ『身体と環境を想うあなたへ “世界3位”の名店『伊勢すえよし』がつくる極上菜食弁当』にて、達成率400%のを記録。

『身体と環境を想うあなたへ “世界3位”の名店『伊勢すえよし』がつくる極上菜食弁当』
https://www.makuake.com/project/grino/
 

  • 『伊勢すえよし』田中佑樹さんによるGrino Bentoの食べ方解説動画

リリースの最後に、より美味しくお召しがりいただくための食べ方解説動画をどうぞ。

 

 

  • Grino Bentoとは

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像12

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像13

Grino Bentoとは、人と地球にやさしいお弁当。

「食事で身体と地球をよくする」冷凍プラントベースフードブランドGrinoが、菜食栄養学のプロ 山﨑由華さん、おコメのプロ 関克紀さんとともに開発した、食物繊維たっぷりでコレステロールゼロの菜食冷凍お弁当。
現在6種類のGrino BentoをGrinoオンラインストア上で販売中。

◯こだわり玄米ごはん

お米の専門家とこだわって選んだのは信州産ミルキークイーンの玄米。廃棄されてしまう野菜をお米と一緒に炊くことで味もマイルドになり、ファイトケミカルの染み込んだ唯一無二の栄養満点のごはん

◯身体がよろこぶ食材を厳選してつくったおかず

食材穀類・豆類・野菜・ナッツ シード・きのこ・海藻をおかずに意識的に取り入れ、健康な身体づくりを支えていきます。

◯最高の栄養バランス

菜食栄養学のプロ山﨑由華さんと共に開発した栄養バランスの取れた手作りお弁当。カナダで学んだ最新の栄養学をベースに作って頂いた本格派・最先端レシピ。

◯バガス素材のお弁当箱

プラスチックの消費量減のためにサトウキビの絞りカス「バガス」素材を採用。バクテリアが分解出来る素材だから「土に還り」ます。有機的な素材でありながらも冷凍とレンジでの温めに耐える優秀な素材です。

◯5つのゼロ

Grino Bentoは「動物性食材ゼロ」「コレステロールゼロ」「保存料ゼロ」「合成着色料ゼロ」「プラスチック素材ゼロ」お買い物の際に発生するさまざまなモヤモヤをゼロにすることで、安心してお召し上がりいただける食品を目指しました。

1日に必要とされる食物繊維量(※)の4割強〜8割弱をGrino Bento1食で摂ることができるため、野菜不足・食物繊維不足が叫ばれる現代人にぴったりな冷凍のお弁当です。また、腸内の善玉菌のエサになる食物繊維を積極的に接種することで話題の腸活にもつながります。

社員の健康を想う経営者からの問い合わせや、法人取引も増加中!!

※日本人の平均食物繊維摂取量は、1950年頃には一人あたり一日20gを超えていましたが、穀類・いも類・豆類の摂取量の減少に伴い、減少傾向にあります。 最近の報告によれば、平均摂取量は一日あたり14g前後と推定されています。
厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、一日あたりの「目標量」(生活習慣病の発症予防を目的として、現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量)は、18~64歳で男性21g以上、女性18g以上となっています。食物繊維は、体に絶対的に必要な栄養素ではありませんが、体の健康に深く関与する食品成分です。平均摂取量と目標量の差を見て明らかなように、食物繊維の積極的な摂取が必要です。

 

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネットより 引用
ht
tps://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html

 

  • プラントベースフードとは

プラントベースフードは肉やバター、ミルクなど動物性食材を一切使わない植物性のレシピできた食事を指しており、一般的にメタンガスの排出が多い動物性の食事よりも環境負荷が低いとされています。食産業は世界全体の3分の1の温室効果ガスを排出しているとされ、その対策として環境負荷が少ないプラントベースメニューが積極的にCOP26でも採用されました。普段の食生活により諸説ありますが、ひとりの人が週に3食プラントベースの食事に置き換えて1年間生活すると「5,000kmのドライブで生じる温室効果ガスの削減」「約1ヶ月分の毎日のシャワー(37万リットル相当)の節約」「1,224坪の面積に木を植えることと同じ効果」を期待することが出来ます。現在動物福祉や環境保護の観点で欧米を中心に、宗教面での食事の制約の観点ではアジアを中心に広まっている食事です。

  • Grinoについて

私たちは子供たちの世代により良い地球環境を残したいという思いから、環境負荷の低い食事を便利に美味しく食べていただける商品づくりに取り組んでいます。しかし、「環境問題のプライオリティが実生活では正直に言って優先されない」という課題があると認識しており、これに対して「環境問題を健康問題に変える」という取り組みで立ち向かいます。環境問題の解決のためにヴィーガンになったという人は日本ではたったの4%程度と言われ、意識の高い方々の間でもその優先順位は高くありません。次の世代により良い地球環境を残すことを事業理念としていますが、環境問題を啓発するのではなく、より人々の関心の高い食のニーズである自身の健康の役に立つ食事をプラントベースで用意する冷凍食品ブランドです。菜食コンサルタント、冷凍生活アドバイザーなどのプロの協力のもと、手作りの商品を急速凍結してお届けするので、忙しい家事や仕事の合間でも健康的な肉類不使用の食事が5分で楽しめます。

世界3位の割烹『伊勢すえよし』の“サステナブル板前”田中氏と共同開発した『Grino Bento』2種を2月21日(火)に一般販売開始のサブ画像14

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments