火曜日, 4月 23, 2024
ホームイベントシンガポール大使館の天皇誕生日祝賀レセプションに、サステナブルベジジャーキーを出品

シンガポール大使館の天皇誕生日祝賀レセプションに、サステナブルベジジャーキーを出品

株式会社農園貞太郎との共同開発製品、山形県ブースにてVIP向けに提供

NinjaFoods(ニンジャフーズ)を展開する株式会社Sydecas(兵庫県加古川市、代表取締役:寄玉昌宏、以下「シデカス」)と、農業法人・株式会社農園貞太郎(山形県酒田市、代表取締役:遠藤久道、以下「テイタロウ」)が協働開発した、「ラディッシュジャーキー」「あつみかぶジャーキー」が、在シンガポール大使館主催の天皇誕生日祝賀レセプション「A Reception of Celebration of The 63rd Birthday of HIS MAJESTY THE EMPEROR」(2023年2月23日、ザ・リッツ・カールトン・シンガポール)にて提供されます。
【公式ストア】 https://ninjafoods.jp/collections/sustainable-veggy

シンガポールは、東南アジアマーケットのハブとしての期待から、毎年現地で開かれる天皇誕生日祝賀レセプションで、多くの自治体が様々な食材をVIPに向けたプロモーションとして提供しています。2023年(令和5年)のレセプションでは、株式会社農園貞太郎と共同開発し、山形県庄内地方の大根・あつみかぶを利活用した「ベジジャーキー」を、山形県庄内地方「Shin Kitamae」ブースで提供します。
 

シンガポール大使館の天皇誕生日祝賀レセプションに、サステナブルベジジャーキーを出品のサブ画像1

【商品概要】

サステナブル・ベジジャーキー【あつみかぶ】(山形・庄内産あつみかぶ)
サステナブル・ベジジャーキー【雪国ラディッシュ】(山形・庄内産大根)

規格外として廃棄せざるを得ない野菜を、次世代蒟蒻素材NinjaPasteによって生まれ変わらせる「サステナブル・ベジジャーキー」シリーズの第一弾。

山形県庄内地方(酒田市・鶴岡市)で生産された特産の大根とあつみかぶ(赤カブ)。その中で、大きすぎたり一部が雪焼けしたりが原因で、廃棄せざるを得ない材料を使用して生まれた、ナチュラルでサステナブルな「野菜のジャーキー」です。
梨のように甘いと評判の大根と、庄内地方特産の赤かぶ「あつみかぶ」の旨味をそのまま活かし、NinjaPasteの食物繊維で独特の噛み応えをプラス。材料は、蒟蒻(NinjaPaste)、野菜、豆乳、醤油、ごま油のみ!一袋でわずか8.5kcal(大根)・脂質0.4gの、超ヘルシーおつまみです。

シンガポール大使館の天皇誕生日祝賀レセプションに、サステナブルベジジャーキーを出品のサブ画像2

■本プロジェクトで解決したい課題「隠れ食品ロス」

国内の事業所や家庭から排出される「食品ロス」の量は522万トンとされていますが、この数値には「畑で廃棄される農作物」が含まれておらず、毎年178万トンの規格外野菜(果実の除く)が廃棄されています。これは、野菜の全収穫量の13%が市場に出ることのない「隠れ食品ロス」となっていることを示しています。実際、テイタロウが生産する大根も、生産量の約2割にあたる年間200トン程度を規格外として廃棄せざるを得ない状況です。

■畑生まれの「サステナブルな次世代オツマミ」

この課題を解決するために、両社は協働で「畑の次世代食」プロジェクトに着手。半年にわたる試行錯誤を経て、今回の「野菜ジャーキー」が誕生しました。2023年春までに、シンガポールや台湾に向けての輸出も計画。「次世代オツマミ」で世界市場を目指します。

■本製品開発の背景

今回のサステナブル野菜ジャーキーは、庄内アグリビジネス研究会の活動成果の一つとして誕生しました。庄内アグリビジネス研究会は、酒田市産業振興まちづくりセンターサンロクと株式会社リバネスの異分野連携による新産業創出を目指し、様々な連携仮説の実証・社会実装及び庄内地域の産業振興に挑む民間主体として活動しています。

シンガポール大使館の天皇誕生日祝賀レセプションに、サステナブルベジジャーキーを出品のサブ画像3_シデカス代表・寄玉(左)と、テイタロウ代表・遠藤氏シデカス代表・寄玉(左)と、テイタロウ代表・遠藤氏

■「あらゆる食の制限を超える」次世代食品事業NinjaFoods

糖尿病や高血糖、肥満、アレルギー等、食の制限を持つ人は世界に多数います。
そこで、当社は日本古来の植物性ヘルシー食材蒟蒻(こんにゃく)に着目。独自の技術で蒟蒻をペースト状に保った素材NinjaPaste”を次世代食材として活用し、「すべての人が制限なく美味しい食を楽しめる世界」の実現を目指しています。

■次世代蒟蒻素材NinjaPaste

NinjaPaste(ニンジャペースト)は、通常の蒟蒻を固めきらずにペースト状に保つことに成功した次世代蒟蒻素材です。他の素材に混合することで、対象の繊維を補強し蒟蒻ゲルを形成することで、強力な結着成形を実現します。そのため、小麦グルテンや卵、水飴類を使用せず、素材の良さを活かした食品の成型が可能です。
 

シンガポール大使館の天皇誕生日祝賀レセプションに、サステナブルベジジャーキーを出品のサブ画像4

 ■NinjaFoodsのオープンイノベーション

当社だけでNinjaPasteを独占し最終製品を提供していくだけでは、当社の目指す世界である「すべての人が制限なく美味しい食を楽しめる世界」の実現は不可能です。
そこでコア素材であるNinjaPasteそのものを外部に提供し、またその活用に関する知見も整理・開放していくことで、あらゆる食をもっと自由にすることが可能になると信じています。
現在、外部の様々な企業と、下記のような共創プロジェクトを推進しています。

・代替プロテイン(大豆たんぱく質の他、コメタンパクや小麦タンパクといった植物性のもの、スピルリナなどの藻類由来のもの、蚕やコオロギなどの昆虫由来のもの)を扱う国内素材メーカーとのプロテインバープロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000029701.html 

・NinjaPasteを活用したレシピの無償公開プロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000029701.html 

・代替プロテインメーカー向けの、NinjaPaste無償サンプル提供プロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000029701.html 

・大学生インターンとのヘルシーオツマミ開発プロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000029701.html 

様々な他食材とNinjaPasteと掛け合わせることで、低糖質・低カロリー・アレルゲンフリー・ハラール対応・ヴィーガン対応など、様々な食習慣にマッチした次世代フードNinjaFoodsを開発することが可能です。当社では2025年大阪・関西万博を見据え、SDGsオツマミなど多様な製品を世の中に発信しています。

 株式会社Sydecas(シデカス)
>メインオフィス
675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 JAビル2F
>大阪オフィス&ラボ
555-0011 大阪市西淀川区竹島2丁目6番18号 ガリレイグループ本社ビル内MILAB

【公式ストア】 https://ninjafoods.jp/collections/sustainable-veggy

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments