水曜日, 10月 4, 2023
ホームイベント【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品

株式会社農園貞太郎との共同開発製品、A Creative Palette of Flavours~ Introducing Shonai's Culinary Culture ~に。

NinjaFoods(ニンジャフーズ)を展開する株式会社Sydecas(兵庫県加古川市、代表取締役:寄玉昌宏、以下「シデカス」)と、農業法人・株式会社農園貞太郎(山形県酒田市、代表取締役:遠藤久道、以下「テイタロウ」)が協働開発した、「ラディッシュジャーキー」「あつみかぶジャーキー」が、Japan Creative Center(JCC)主催のA Creative Palette of Flavours~ Introducing Shonai's Culinary Culture ~(2023年2月25日、シンガポール)に出品されます。

【国内での公式販売サイト】https://ninjafoods.jp/collections/sustainable-veggy

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品のサブ画像1

【イベント概要】

Date:25 February 2023 (Saturday)
Venue: Japan Creative Centre (JCC), Embassy of Japan in Singapore, 4 Nassim Road Singapore 258372
Admission: FREE (Registration required)
(イベント公式サイト https://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/invite_shonai_2023.html より引用)

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品のサブ画像2_株式会社農園貞太郎・遠藤社長株式会社農園貞太郎・遠藤社長

【商品概要】

サステナブル・ベジジャーキー【あつみかぶ】(山形・庄内産あつみかぶ)
サステナブル・ベジジャーキー【雪国ラディッシュ】(山形・庄内産大根)

規格外として廃棄せざるを得ない野菜を、次世代蒟蒻素材NinjaPasteによって生まれ変わらせる「サステナブル・ベジジャーキー」シリーズの第一弾。

山形県庄内地方(酒田市・鶴岡市)で生産された特産の大根とあつみかぶ(赤カブ)。その中で、大きすぎたり一部が雪焼けしたりが原因で、廃棄せざるを得ない材料を使用して生まれた、ナチュラルでサステナブルな「野菜のジャーキー」です。
梨のように甘いと評判の大根と、庄内地方特産の赤かぶ「あつみかぶ」の旨味をそのまま活かし、NinjaPasteの食物繊維で独特の噛み応えをプラス。材料は、蒟蒻(NinjaPaste)、野菜、豆乳、醤油、ごま油のみ!一袋でわずか8.5kcal(大根)・脂質0.4gの、超ヘルシーおつまみです。

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品のサブ画像3

■本プロジェクトで解決したい課題「隠れ食品ロス」

国内の事業所や家庭から排出される「食品ロス」の量は522万トンとされていますが、この数値には「畑で廃棄される農作物」が含まれておらず、毎年178万トンの規格外野菜(果実の除く)が廃棄されています。これは、野菜の全収穫量の13%が市場に出ることのない「隠れ食品ロス」となっていることを示しています。実際、テイタロウが生産する大根も、生産量の約2割にあたる年間200トン程度を規格外として廃棄せざるを得ない状況です。

■畑生まれの「サステナブルな次世代オツマミ」

この課題を解決するために、両社は協働で「畑の次世代食」プロジェクトに着手。半年にわたる試行錯誤を経て、今回の「野菜ジャーキー」が誕生しました。2023年春までに、シンガポールや台湾に向けての輸出も計画。「次世代オツマミ」で世界市場を目指します。

 

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品のサブ画像4

 

 

 ■NinjaFoodsのオープンイノベーション

当社だけでNinjaPasteを独占し最終製品を提供していくだけでは、当社の目指す世界である「すべての人が制限なく美味しい食を楽しめる世界」の実現は不可能です。
そこでコア素材であるNinjaPasteそのものを外部に提供し、またその活用に関する知見も整理・開放していくことで、あらゆる食をもっと自由にすることが可能になると信じています。
現在、外部の様々な企業と、下記のような共創プロジェクトを推進しています。

・代替プロテイン(大豆たんぱく質の他、コメタンパクや小麦タンパクといった植物性のもの、スピルリナなどの藻類由来のもの、蚕やコオロギなどの昆虫由来のもの)を扱う国内素材メーカーとのプロテインバープロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000029701.html 

・NinjaPasteを活用したレシピの無償公開プロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000029701.html 

・代替プロテインメーカー向けの、NinjaPaste無償サンプル提供プロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000029701.html 

・大学生インターンとのヘルシーオツマミ開発プロジェクト( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000029701.html 

様々な他食材とNinjaPasteと掛け合わせることで、低糖質・低カロリー・アレルゲンフリー・ハラール対応・ヴィーガン対応など、様々な食習慣にマッチした次世代フードNinjaFoodsを開発することが可能です。当社では2025年大阪・関西万博を見据え、SDGsオツマミなど多様な製品を世の中に発信しています。
 

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品のサブ画像5_シデカス代表・寄玉シデカス代表・寄玉

【全国の自治体・農業関係の方へ】NinjaFoodsのサステナブルおつまみプロジェクト

シデカスは、本プロジェクトを皮切りに、全国の自治体や農業法人、農林漁業組合と連携し、ヘルシーでサステナブルなおつまみの共同開発の受託事業を開始します。これまで培ってきた様々な製造・社会実装ノウハウを投入し、ふるさと納税にも展開できる唯一無二の次世代フードを開発します。また、クラフトビールやクラフトジンとのテロワール製品の開発も可能です。関心のある方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。 
NinjaFoodsお問い合わせフォーム https://ninjafoods.jp/pages/contact
 

【NinjaFoods】蒟蒻×庄内野菜のジャーキー、シンガポールの庄内食文化紹介イベントに出品のサブ画像6

株式会社Sydecas(シデカス)

>メインオフィス
675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 JAビル2F
>大阪オフィス&ラボ
555-0011 大阪市西淀川区竹島2丁目6番18号 ガリレイグループ本社ビル内MILAB
【公式ストア】 https://ninjafoods.jp/collections/sustainable-veggy

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments