土曜日, 6月 22, 2024
ホーム商品サービス京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都市中京区 代表取締役会長:出路雅明)が運営するヴィーガンカフェ「 mumokuteki cafe kyoto(ムモクテキカフェ キョート)」にて3/2から人気の御膳に新メニューの「季節野菜のせいろ蒸し御膳」の提供を開始いたします。

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像1

国内外問わず、人気のセットメニュー「御膳」に新たに加わる「季節のせいろ蒸し御膳」は、野菜をせいろで蒸すことにより、茹でるよりも栄養も旨味も逃げにくく、ヘルシーで甘みが凝縮され、素材本来の美味しさがわかります。

野菜につける調味料としてmumokuteki cafe自家製ポン酢、肉じゃない肉味噌、海洋深層水を使用した、まろやかなあら塩を用意しています。

肉じゃない肉味噌は、mumokutekiで製造している自家製味噌に、大豆ミートを混ぜて作った、ヴィーガンの方でも安心して食べていただける味噌です。
また、今までの「御膳」も副菜の種類が追加され、よりお食事をお楽しみいただけます。

【副菜】

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像2

「気まぐれ野菜の白和え」
豆腐とピスタチオ、ブラックオリーブが出会った!まさに《ありそうでない》 No.1

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像3

「じゃがいもの冷菜」
​山椒とお酢の絶妙なバランスで、さっぱりとしたシャキシャキなじゃがいもの冷菜

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像4

​「ひじきとお豆の自家製味噌マヨ和え」
白味噌と自家製豆乳マヨネーズを使用したひじきとお豆の優しいおばんざい

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像5

「食べる野菜ジュース」
どろりとした中にシャキシャキ感もある今までにない食感の“食べ応え”十分な野菜ジュース

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像6

「錦 高倉屋のお漬物」
京の台所「錦市場商店街」で漬物屋を営む高倉屋の、京野菜を使ったお漬物を季節に合わせて

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像7

「旬の一口フルーツ」
食後には季節に合わせた旬のフルーツを食べやすいサイズでどうぞ

​■御膳メニュー

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像8

・季節野菜のせいろ蒸し御膳 / ¥2,500(税込)

 

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像9

・3種のスペシャル御膳 / ¥1,800~¥2,500(税込)
(メインの種類と組み合わせが選べます)

【おぼんについて】
使用するおぼんは、京都美山町で活動されているベアーズウッドプロジェクト協力の元作成。こちらの素材は、熊が木の皮を剥いでしまった「クマハギ」部分を使用。通常破棄されてしまう部分を使い、オリジナルで制作しています。

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像10

 

 

mumokuteki cafe kyoto

京都のヴィーガンカフェで味わえる、肉不使用の肉味噌と「野菜のせいろ蒸し」のコラボレーションが絶品!のサブ画像11

「いきるをつくる」をコンセプトに運営される、日本の良いものや体にいいものを扱うブランドが京都河原町にて運営するヴィーガンカフェ。
HP: https://mumokuteki.com/

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments