水曜日, 7月 24, 2024
ホーム商品サービス「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!

このプレスリリースは、April Dreamプロジェクトに共感し、4月1日を夢があふれる日にしようとする事業者が、やがて叶えるために発信した夢です。

 当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとする April Dream に賛同しています。このプレスリリースは株式会社ビオスタイル(本社:京都市下京区、社長:三浦達也)が運営する複合型商業施設GOOD NATURE STATIONの夢です。

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像1

 2015年にSDGsが国連総会で採択され、エコやサステナブル、オーガニックというワードに注目が集まる中、ハードルの高さを感じて行動に移せない人が多くいます。 当館では「信じられるものだけを、美味しく、楽しく。

 人も地球も元気にする“GOOD NATURE”なモノ・コトが集まる場所。」をコンセプトに、健康や環境にストイックに向き合うのではなく、楽しみながら健康的で良いものを自分らしく取り入れるライフスタイルを“GOOD NATURE”と称し、自然にも人にも心地よくて楽しいモノ・コトを提案しています。

 どれだけ健康や環境に良くても、続けられなければ意味がない。GOOD NATURE STATIONは施設全体を通して“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを、京都から日本全国に広めます!

■GOOD NATURE STATIONが開業した経緯


 当施設を運営する株式会社ビオスタイルの母体である京阪グループが14年に、「健康的で美しく、クオリティの高い生活を実現し、循環型社会に寄与するライフスタイル」として「BIOSTYLE(ビオスタイル)」を提唱し、それを体感できるフラッグシップ施設として当施設の建設計画をスタート。その翌年の15年には国連サミットにてSDGsが採択。
 その後19年12月の当施設開業を経て、20年から「規制や我慢だけから生まれる活動ではなく、人にも地球にもいいものごとを、毎日の生活の中に、楽しく、無理なく、取り入れていくことができる明るい循環型社会の実現を目指す」活動として「BIOSTYLE PROJECT(ビオスタイルプロジェクト)」を推進中。
 開業から100年以上鉄道を中心に発展してきた京阪グループが、将来的に国内人口が減少していく中でどのように沿線価値や魅力を向上させていくかが議論となり、そのなかでプロジェクトが生まれました。食品や化粧品、そしてホテルを通じて、サステナブルで豊かな暮らしの提案を続けます。

■環境月間に向けたアクション


 環境庁の主唱により、平成3年度から6月の一ヶ月間を「環境月間」とし、全国で様々な行事や取り組みが行われています。
 当施設では6月の環境月間に向けて様々なアクションを実施。地球や環境について“自分事”として考えるきっかけとなるようなアクションを、イベント・展示・SNSキャンペーンなどのかたちで行います。

・アースデイin京都@GOOD NATURE STATION

 4月22日は地球のことを考えて行動する日「アースデイ」。4月22日(土)・23日(日)に京都・岡崎公園にて開催されるイベント「アースデイin京都」。サテライト会場でもある当施設では、4月15日(土)より地球にやさしいアイテムが揃うマルシェや、ペットボトルキャップの粉砕体験(22日のみ)などを開催します。

【イベント概要】
イベント名:アースデイin京都@GOOD NATURE STATION
日時:4月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)各日11時~17時
場所:GOOD NATURE STATION 1階入り口広場 MAENIWA
詳細:https://goodnaturestation.com/topics/event/topics-13277/

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像2

写真左:自転車型粉砕体験(22日のみ)※写真はイメージです
写真真ん中:象印マホービンによる、えんこう米炊飯講座(23日のみ)
写真右:マルシェ出店(昨年の様子)

・ペットボトルキャップ回収アクション

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像3

 4月22日(土)のアースデイを皮切りに、環境月間である6月末まで、館内や「アースデイin京都」の本会場である岡崎公園内にペットボトルキャップの回収BOXを設置します。
 回収したペットボトルキャップを一部使用して、オリジナルノベルティを作成し、キャンペーンに参加いただいた方の中から抽選でプレゼントします。
 ペットボトルのリサイクルが一般的になる中、まだまだリサイクル率が低いペットボトルキャップ。“混ぜると「ゴミ」、分ければ「資源」”。リサイクルの仕組みを改めて学ぶきっかけにしてみませんか?
写真:ペットボトル回収ボックスイメージ

【概要】
期間:4月22日(土)~6月30日(金)
場所:GOOD NATURE STATION 1階 MARKET
※6月15日(木)~6月30日(金)は4階GARELLYにて設置
※4月22日(土)・4月23日(日)のみ、岡崎公園内にも設置
詳細:https://goodnaturestation.com/topics/event/topics-13280/

・「地球にGOOD展」開催

 4階GARELLYで、環境について考える「地球にGOOD展」を開催。“なぜペットボトルは分別をしなければならないのか?”、“ペットボトルは何に生まれ変わるのか”など、私たちの生活の身近にあるペットボトルをテーマに、環境について考えるきっかけとなるような展示を行います。
 また、同場所では自身が行っている“地球にGOOD”なアクションを共有する掲示板「地球にGOODをシェアしよう!」や、Instagramキャンペーンにご参加いただいた方の中から、施設で集めたペットボトルキャップを使用して作成したオリジナルノベルティが当たる「地球にGOODアワード」も開催。

【展示概要】
展示名: 地球にGOOD展
期間:6月15日(木)~6月30日(金)
場所:4階GARELLY

【キャンペーン概要】
キャンペーン名:地球にGOODアワード
期間:6月15日(木)~6月30日(金)
場所:4階GARELLY
※キャンペーンの参加方法や賞品の詳細は後日発表いたします。

■夢実現に向けて取り組んでいる内容


 1階から3階は、青果などを取り扱うマーケットやレストラン、コスメショップなどの商業施設、4階~9階はホテルで構成されている当施設では、2019年12月の開業当初から夢を実現するために人にも地球にもGOODな取り組みを行っています。

【アメニティの取り組み】

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像4

・客室にプラスチック製アメニティを設置せず、希望者には竹歯ブラシなどを有料で提供
・ペットボトル削減のため全客室にタンブラー・各フロアにウォーターサーバーを設置

 

【ロビーにある2つの中庭】

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像5

・京都の植生を再現したテイカカズラの「大緑化壁」の中庭やWELL認証の要件である水景に代わる「枯山水」を設置

【SDGsツアー】

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像6

・ビル丸ごとサステナブルな施設の取り組みを体験・体感することができる「SDGsツアー」を実施

【地産地消・有機野菜・ヴィーガン】

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像7

・野菜を中心とした朝食ブッフェや、ヴィーガンメニューが多いレストラン、有機野菜・自然食品を販売するマーケット

【循環するお米「えんこう米」】

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像8

・施設から出る食品廃棄物を生ごみ処理機にて堆肥化。肥料として活用し、収穫したお米を施設で販売・提供

【カカオハスクの活用】

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像9

・オリジナルスイーツブランド「RAU」のチョコレートの製造過程で出るカカオハスク(カカオ豆の皮)をアップサイクルして商品を開発

■GOOD NATURE STATION について

「人にも 自然にも いいものを。」 GOOD NATURE STATIONは“GOOD NATURE”という新たなライフスタイルを京都から日本全国に広めます!のサブ画像10

 「信じられるものだけを、美味しく、楽しく。人も地球も元気にする“GOOD NATURE”なモノ・コトが集まる場所」をコンセプトに、オーガニック食品や自然由来の成分のみを使用した化粧品などを販売。施設4階~9階の「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」では、宿泊だけでなく、ヨガ、坐禅体験などのアクティビティを通じて、「GOOD NATURE」な体験できます。我慢するのではなく、楽しみながら、健康的で良いものを自分らしく取り入れるライフスタイルを提案します。

■(株)ビオスタイルについて


 ビオスタイルは、京都・四条河原町に2019 年12 月に開業した複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」の運営会社。京阪ホールディングス(株)のグループ会社として、京阪グループが推進する“SDGsを実現するライフスタイル” を企画・提案する「BIOSTYLE PROJECT」を牽引し、“信じられるものだけを、美味しく、楽しく。人も地球も元気にする「GOOD NATURE」” というコンセプトの下、サステナブルな商品開発、施設運営を行っています。これらの企業活動を通じ、SDGs 達成に貢献するとともに、社会と調和した持続的な成長を目指します。

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments