金曜日, 5月 24, 2024
ホーム商品サービス【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」

6メニュー新発売(4/11〜)

 食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が展開する「Purple Carrot」は、2023年4月13日(木)より、新シリーズ「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」6メニューを販売開始します。
 また、初めてPurple Carrotをご利用いただく方向けに、毎週2メニューを3週連続でお届けする「おためし3週間BOX」を2023年4月11日(火)から期間限定で販売し、より多くのお客様の食生活に「時々ヴィーガン」を手軽に取り入れていただく取り組みを拡大します。URL: https://www.oisix.com/sc/vegericebowl

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像1

 

 

■健康志向、脱炭素社会実現 ヴィーガンメニュー100種類以上を開発「Purple Carrot」の取り組み

 日本国内でのヴィーガン・プラントベースフードの市場は、コロナ禍における健康志向や環境に対する意識の高まりから、2020年以降「これからの食の選択肢」として内食向けの商品が相次いで発売されるなど、大手食品メーカーの参入が続いています。また、世界的な課題となっている気候変動問題などに対応するため、「脱炭素社会」実現に向けた食の取り組みが、ますます活発化していく見込みです。

 当社では、2019年10月よりPurple Carrotの日本における展開をスタート、「ヴィーガンでない人も楽しめるヴィーガン」を目指し、ヴィーガンミールキットの販売を開始しました。累計出荷食数は2023年3月時点で170万食を突破、 Purple Carrotコース登録者数は2万人を超え、身体と環境を気遣う食卓が手軽に実践できる「時々ヴィーガン」をコンセプトに伸長。これまでに100種類以上のメニューを開発し、ハードルが高かった「家庭でのヴィーガン」を手軽に実現できる点が高く評価されています。

 2022年4月からは、さらに手軽にヴィーガンメニューをお楽しみいただけるよう、レンジで温めるだけで食べられる、フローズンミール(冷凍弁当)を開発。忙しい日や遅く帰宅した夜、リモートワーク時の自宅ランチなどで調理時間を減らしたい方が、野菜たっぷりでヘルシーかつ満足感のある食事を手軽にとれるように、味わいや彩り、栄養バランスにもこだわり、ウェルネス層にも支持を広げています。

■不足しがちな野菜やきのこが1食あたり175g※・ごはん1/2でも満足 ヘルシーな夕食メニューを提案

 糖質の量を意識されている方の夕食におすすめの新シリーズは、不足しがちな野菜やきのこが1食あたり175g入ったヴィーガンメニューに、お茶碗半分の量のごはんを添えて完成する「ベジライスボウル」6種(一部商品はリニューアル)。15分で調理でき、後片付けも簡単で、いつ召し上がっても罪悪感がないミールキットです。※各商品(2人前)に、厚生労働省が目標値とする1日の野菜摂取量である350g以上の野菜を使用
 

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像2

《商品詳細》※価格は税込
商品名:1/2日分野菜ドライカレー 1,609円
商品説明:彩り豊かな野菜1/2日分を摂れるヴィーガンカレー。野菜の甘みとオイスター風ソースのコクで、ほっこりやさしい味わい。スパイスの香りで食欲が掻き立てられます。
販売期間:2023年4月13日(木)10:00〜4月20日(木)10:00

 

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像3

商品名:豆腐そぼろのビビンバ 1,382円

商品説明:人気のヴィーガンビビンバがライスボウル版に進化。彩り豊かな野菜をたくさんのせて、お肉なしとは思えない食欲そそる味わいに。作るのもかんたんで、手軽に楽しめます。

販売期間:2023年4月13日(木)10:00〜4月20日(木)10:00

 

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像4

商品名:炒めるだけガパオライス 1,609円
商品説明:ヴィーガン仕立てのガパオライスは、お肉も魚醤も使わずに作ったとは思えない深い味わい。色々な野菜を手軽に食べられるのもうれしいポイントです。
販売期間:2023年4月20日(木)10:00〜4月27日(木)10:00

 

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像5

商品名:ピリ辛ジャージャー丼 1,609円

商品説明:6種の野菜とともに味わうジャージャー丼。香味野菜と大豆みそで、ごはんがすすむコク深い味わいに仕上げています。食感のアクセントにもなるナッツなどの食材と混ぜ合わせてお召し上がりください。
販売期間:2023年4月20日(木)10:00〜4月27日(木)10:00

 

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像6

商品名:ファラフェルボウル 1,609円
商品説明:ハーブの爽やかな香りを纏ったファラフェル(ひよこ豆コロッケ)と野菜が主役のライスボウル。カレーと特製スパイス風味のライスが好相性。アーモンドやマリネをお好みで混ぜ合わせながら、カフェのようなプレートを楽しめます。
販売期間:2023年4月27日(木)10:00〜5月4日(木)10:00

 

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像7

商品名:NEXTハラミボウル 1,609円
商品説明:ギュッとした食感と大豆製品特有の臭みが目立たないプラントベース焼肉「NEXTハラミ」は、普通の焼肉とは一味違ったおいしさ。野菜と食欲そそる香りのたれと合わせて。地球と体に優しいライスボウルです。

販売期間:2023年4月27日(木)10:00〜5月4日(木)10:00

「おためし3週間BOX」ご購入ページ
https://www.oisix.com/sc/vegericebowl

販売期間:

【1回目】2023年4月11日(火)10:00〜4月17日(月)
【2回目】2023年5月16日(火)10:00〜5月22日(月) 

Purple Carrotについて

【時々ヴィーガン】Purple Carrot(パープルキャロット)より 野菜量たっぷり・ごはん半分でヘルシーな夕食の新提案「しっかり野菜とちょっぴりごはんのベジライスボウル」のサブ画像8

 「EAT MORE PLANTS」を掲げるPurple Carrotは、新鮮な野菜を使ったプラントベースの商品を扱うヴィーガンブランドです。「忙しいけれど健康な生活を送りたい現代人」にとってのパートナーでありたい、そんな思いを元にPurple Carrotは始まりました。ミールキットやフローズンミールで無理なく、手間なく、楽しく、彩り豊かな「時々ヴィーガン」の食卓を実現できます。
 2019年10月31日より日本でのサービスを開始。これまでに100種類以上のメニューを開発し、「ヘルシーで野菜たっぷり」が叶うミールキットの出荷 数は累計170万食以上※1、Purple Carrotコースの登録者数は2万人※2を超え、一層その支持を広げています。 2021年2月には『ソーシャルプロダクツ・アワード2021』にて持続可能な食生活を提案している点が評価され「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞しまし た。
※1: 2019年11月〜2023年3月のPurple Carrotミールキット出荷累計数
※2: 2020年2月および11月に開始したPurple Carrotコースの合計登録者数

オイシックス・ラ・大地株式会社について
 オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の国内主要ブランドを通じ、安心・安全に配慮した農産物、ミールキットなどの定期宅配サービスを提供しています。子会社の買い物難民向け移動スーパー「とくし丸」や、米国でヴィーガンミールキットを展開する「Purple Carrot」も含め、食のサブスクリプションサービスを広げています。
 当社は、「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)として、サブスクリプションモデルによる受注予測や、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄が削減できるミールキットなどを通じ、畑から食卓まで、サプライチェーン全体でフードロスゼロを目指しています。

 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments