木曜日, 5月 23, 2024
ホーム商品サービスコロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!

~ 新アトラクション「ドバイ・バルーン」3月31日スタート&ドバイ屈指のグルメイベント「ドバイ・フード・フェスティバル」4月21日よりスタート~

 ドバイ経済観光庁より、今春にスタートした新アトラクション「ドバイ・バルーン」をはじめ、いま話題の自然環境に優しいドバイのサステナブル・ツーリズムをご紹介します。
 昨年開催されたドバイ国際博覧会で「史上最もサステナブルな万博」と世界中から高い評価を得たドバイは、近代未来都市としてのヒントがたくさん詰まっています。環境に配慮した宿泊施設、ドバイならではの体験ができるサステナブルな観光スポットとエコを意識した斬新的なレストランが目白押しです。
 また、今年で10周年を迎えるドバイ屈指のグルメイベント「ドバイ・フード・フェスティバル」が4月21日(金)から5月7日(日)までの2週間、期間限定で開催されます。イベント期間中は、世界最高峰の絶品グルメが揃う、ドバイならではの食文化をお楽しみいただけます。

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像1

 

ドバイの空と海を楽しむ最新情報

ドバイ・バルーン

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像2

ドバイの最新アトラクション、「ドバイ・バルーン」が3月31日よりスタートしました。ヘリウム気球に乗り、上空300mまで舞い上がり、約10分間の人工島パーム・ジュメイラを見渡す空の旅に出かけましょう。晴れた日には世界一高いビル、バージュ・ハリファやダウンタウン・ドバイのスカイラインなど、ユニークなデザインの建築物が立ち並ぶ、煌めくドバイの景観が楽しめます。乗り場は、アクアベンチャー・ウォーターパークで、チケット料金は、大人AED175(約6,300円)、子供AED75(約2,700円)で行列に並ばずに乗れるファストパスのほか、ドバイ・バルーンのチャーターも可能です。
https://thedubaiballoon.com/
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/places-to-visit/the-dubai-balloon

エクスクルーシブ・ヨット・ツアー

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像3

ドバイにはアラビア湾のクルーズを楽しめるヨット・ツアーも多数揃っています。街の中心地に近い乗船場からヨットに乗って、海からユニークなドバイの建物群を眺めてみませんか。オープンしたばかりの注目ホテル「アトランティス・ザ・ロイヤル」やドバイのアイコン・ホテル「バージュ・アル・アラブ」などを背景に記念撮影するのも良いでしょう。時間は、朝9時からの朝食クルーズ、11:30からのランチクルーズ、夜8時からのムーンライトクルーズ、夜11時からのトワイライトクルーズ(全て2時間)などあり、船上でいっぱいの太陽と風を受けながら、美味しいフードや飲み物が楽しめます。https://xclusiveyachts.com/yacht-share-tours-dubai/
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/places-to-visit/dubai-yacht-tours

いま話題の「エコ旅」は、スマートシティの最先端をいくドバイに注目!

【ホテル部門】
ドバイ唯一の水上コテージ !- アナンタラ ザ・パーム・ドバイ・リゾート

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像4

ドバイを象徴するパーム・ジュメイラにある、タイの最高級リゾートです。ドバイで唯一、憧れの水上コテージに宿泊ができ、エメラルドグリーンの海を眺める贅沢空間で、静かなひと時を過ごすことができます。リゾート全体で、SDGsの課題に積極的に取り組み、プラスチック使用率0%を掲げています。リサイクルの促進、廃棄物の削減、プラスチック製ストローやルームキーの使用廃止など、徹底した持続可能なラグジュアリーホスピタリティを推進しています。
https://www.anantara.com/ja/palm-dubai
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/explore-dubai/dubai-neighbourhoods/palm-jumeirah

コスパ最強のホテル - ローブ・ホテル

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像5

ドバイ市内のダウンタウンからビーチサイドまで、ドバイ各所で展開するローブ・ホテルは、お客さまのお好みや予算に合わせた充実したラインナップが揃う、コスパ力の高いホテルとして人気です。また、廃棄物の削減、節水、リサイクル、グリーンエネルギーなど、環境に配慮した取り組みが評価され、環境教育財団が定めた厳しい基準に満たしているホテルに授与される、名誉ある国際エコラベル「グリーンキー」を受賞しています。
https://www.rovehotels.com/en/
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/invest-in-dubai/dubai-for-events/venues/rove-trade-centre-hotel-llc

【ダイニング部門】

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像6

ミシュラン・グリーンスター獲得のレストラン - ロウ

コンテンポラリーかつ斬新的な手法で手掛ける創作料理は、ファーム・トゥ・テーブルがコンセプトになっています。地元産の新鮮食材を取り入れ、地域社会への貢献度、そしてサステナブルな取り組みが高く評価されミシュラン・グリーンスターをドバイで唯一獲得しています。通常なら生ごみとされる食材も、シェフの手腕にかかれば高級料理へと様変わりしてしまう「Waste NOT」シリーズのマルチコースは、特に人気があります。
https://lowe-dubai.com/
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/articles/sustainable-dining-dubai

絶品の地中海料理レストラン -ボカ

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像7

ドバイの金融街の中心地に位置し、環境への負荷に配慮した地中海料理を味わえる高級レストランです。充実したビーガンメニュー、伝統的なタパス料理、そしてサステナブル料理が好評で、フランス発祥の権威あるレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ2022UAE」を受賞しています。食材は地元UAE産を採用し、廃棄物ゼロ、100%再生可能エネルギーを使用してレストランの運営ができる仕組みを導入するなど、サステナビリティへの取り組みを可視化させて積極的に取り組んでいるレストランとして注目されています。
https://boca.ae/
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/articles/sustainable-dining-dubai

自家栽培の食材を使った次世代型のレストラン - アルカディア・アット・ジュメイラ・ザビール・サライ

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像8

オスマン帝国とアラブの魅力が随所に感じられる5つ星ホテルのジュメイラ・ザビール・サライに併設されているレストランです。グリル料理とファーム・トゥ・テーブルを融合させた料理が特徴で、都市型水耕栽培による新鮮な地元食材を使った、持続可能で卓越した料理をお楽しみいただけます。また、星空の下で楽しめるプライベートなロマンティックディナーをはじめ、グループで受けられるクッキングレッスンなど、旅行の思い出にぴったりのユニークなダイニング体験ができます。
https://www.jumeirah.com/en/dine/dubai/zabeel-saray-arcadia

【サステナブル体験】
大自然と絶滅危惧種を保護するUAE初の国立公園 - ドバイ砂漠保護区

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像9

多種多様な固有の動植物に出会えるドバイの砂漠。サステナブルでバランスのとれた生態系の保護と自然保全の役割を担う、UAE初の国立公園であるドバイ砂漠保護地区には、50種類以上の植物、120種の鳥類、43種の爬虫類、アラビアンガゼルやアラビアオリックスなどの哺乳類が生息しています。園内では、ラクダ乗り、本格的なベドウィンキャンプなど、砂漠ならではの冒険を楽しむことができます。プラチナヘリテージで体験できるサファリ1泊2日のツアーに参加すれば、壮大なドバイの砂漠で野生動物を観察することができます。https://www.ddcr.org/en/index.aspx
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/places-to-visit/dubai-desert-conservation-reserve

一面ピンク色に染まるフラミンゴの大群 - ラス・アル・ホール野生生物保護区

 

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像10

乾燥地帯のドバイですが、実は湿地もあります!ダウンタウンから車ですぐ近くの場所にあるラス・アル・ホール野生生物保護区では、オグロサギ、ダイサギ、リーフサギなど様々な野生動物を無料で見ることができます。また、秋から冬にかけては、アフリカからやってくるピンク色の野生フラミンゴで、一面ピンク色に染まります。日本では体験できない大自然を感じられる、幅広い世代に人気の観光スポットです。
https://www.dm.gov.ae/discover-dubai/ras-al-khor/
ビジット・ドバイ日本語サイト:https://www.visitdubai.com/ja/articles/dubais-wildlife-encounters

『第10回ドバイ・フード・フェスティバル』が4月21(金)より開催!

コロナ後初の海外旅行は、五感で味わうサステナブルなドバイ旅行へ!のサブ画像11

 
今年で10周年を迎えるドバイ屈指のグルメイベント「ドバイ・フード・フェスティバル」が4月21日(金)から5月7日(日)までの2週間、期間限定で開催されます。世界中から様々な国籍が集まる多国籍都市ドバイの食文化はバラエティ豊かで、この10年でレストランの数は2013年の5,500店から13,000店以上に倍増するなど、ドバイの食文化は目まぐるしく進化しています。イベント期間中は、世界最高峰の絶品グルメが揃う、ドバイならではの食文化が体験できます。

イベント期間中に開催される、特におすすめのイベントを厳選してご紹介します。

【ドバイ・レストラン・ウィーク】

市内のトップレストラン50店より、期間限定のセットメニューや特別価格のメニューが登場します。トップクラスの料理人が手掛ける美食を手頃な価格で楽しめる、フェスティバルの中でも特に評判が高いイベントです。

【10ディルハム・ディッシュ】

10周年を祝して、今年新しく登場するイベントです。当イベントに参加するレストランとカフェが提供する定番メニューやシグネチャーメニューを、期間中はわずか10ディルハム(約360円)で味わえる驚きのイベントです。この機会に、ドバイの多様性あふれる食文化を心ゆくまでお楽しみください。

「ドバイ・フード・フェスティバル」の詳細については、www.dubaifoodfestival.com、ビジット・ドバイ日本語サイトhttps://www.visitdubai.com/ja/whats-on/dubai-events-calendar/dubai-food-festival

またはFacebook、Instagram、Twitterの公式SNSアカウント@dubaieatsをフォローしてください。
ニュースリリースとは別にお送りしている、ドバイの最新情報などを記載したメールニュースをご希望の方は、dtcm_japan@dubaitourism.aeまでお問い合せください。

ドバイ経済観光庁
ドバイ経済観光庁(DET)は、ドバイを世界有数の商業都市、投資拠点および観光地にするという究極のビジョンを掲げ、競争力強化によりドバイ首長国を世界経済と観光の主要拠点にするというビジョンの達成と、経済・観光競争力指標を高めるために、政府を支援することを使命としています。ドバイ経済観光庁はドバイの多様で革新的なサービス経済をさらに強化し、世界の優秀な人材を集め、世界クラスのビジネス環境を提供し、生産性を加速するための取り組みを推進しています。さらに、ドバイ経済観光庁はドバイの多様なデスティネーション提案、ユニークなライフスタイル、優れた生活の質を総合的に促進することで、ドバイが世界で最も住みやすく働きやすい都市となるビジョンを支援します。

ドバイ経済観光庁は、ドバイのビジネスと観光分野における計画、管理、開発、およびマーケティングにおける主要機関であり、宿泊施設や旅行案内業者を含めた全ての観光サービスの許認可及び種別分類を担当しています。ドバイ経済観光庁のポートフォリオには、ドバイ政府観光・商務機関、ドバイフェスティバル・小売事業、ドバイ産業・輸出、ドバイ投資開発局(Dubai FDI) およびドバイ中小企業、ドバイ観光大学、ドバイカレンダー・ドバイビジネスイベントが含まれます。

URL:https://www.visitdubai.com/ja
公式Facebook:https://www.facebook.com/visitdubai.JP/
公式Twitter:https://twitter.com/visitdubai_jp
公式Instagram:https://www.instagram.com/visitdubai.jp/?hl=ja

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments