土曜日, 6月 22, 2024
ホーム商品サービス「株式会社Dr.Foodsによる”ヴィーガン・フォアグラ”と”ヴィーガン・キャビア”が全国28施設の結婚式場のコースメニューに採用(約16万食分)」

「株式会社Dr.Foodsによる”ヴィーガン・フォアグラ”と”ヴィーガン・キャビア”が全国28施設の結婚式場のコースメニューに採用(約16万食分)」

”ヴィーガン・フォアグラ”と”ヴィーガン・キャビア”が全国28施設の結婚式場のコースメニューに採用

”ヴィーガン・フォアグラ”、”ヴィーガン・キャビア”が株式会社日本セレモニーが運営する全国28施設のホテルレストランにて提供開始

フードテック企業の株式会社Dr.Doods(本社:東京新宿区、代表取締役:石塚孝一、以下Dr.Foods)が開発・販売している”ヴィーガン・フォアグラ”、”ヴィーガン・キャビア”が株式会社日本セレモニー(本社:山口県下関市、代表取締役:神田忠、以下日本セレモニー)が運営する「ノートルダム横浜みなとみらい」など、全国28施設の結婚式場やホテルレストランで2023年9月1日よりコースメニュー(年間約16万食分)提供されることが決定いたしました。

「株式会社Dr.Foodsによる”ヴィーガン・フォアグラ”と”ヴィーガン・キャビア”が全国28施設の結婚式場のコースメニューに採用(約16万食分)」のサブ画像1

近年、世界中でフォアグラ元となるアヒルやガチョウの飼育方法問題やキャビアの元となる絶滅危惧種チョウザメの問題が連日ニュースに取り上げられている中、イタリアやポーランド、トルコなどでは既にフォアグラの生産を禁止。米国ニューヨーク州でも、市議会でフォアグラの販売を禁止する条例が可決されており、この流れはますます加速していくように思われます。

また、キャビアが取れるチョウザメも深刻な絶滅の危機にあり、既に絶滅してしまった種もあります。

Dr.Foods社ではこのような環境問題が背景にある食材を完全植物性で再現したところ、同じく環境問題に対しいち早く改善意識を持った日本セレモニー社がどこよりも早く代替え食材を検討し、この度、「おめでたい晴れの日に環境にも優しいサスティナブルな取り組みが、新郎新婦にとってもサスティナブルな関係でいられるように。」といった想いを込め、「ヴィーガン・フォアグラ」、「ヴィーガン・キャビア」をメニューに取り入れ、コース料理を提供することとなりました。

 

Dr.Foods社では年内に更なる高級食材の代替を完全植物性で販売予定しており、普段の生活の中で手に入りにくい食材をサスティナブルで、かつ身近に感じられるようになることを期待しております。

「株式会社Dr.Foodsによる”ヴィーガン・フォアグラ”と”ヴィーガン・キャビア”が全国28施設の結婚式場のコースメニューに採用(約16万食分)」のサブ画像2

<<会社概要>>

 

社名:株式会社日本セレモニー

本社所在地:山口県下関市王喜本町6-4-50

代表者氏名:神田 忠

会社URL:https://www.aigroup.co.jp/

 

 

株式会社Dr. Foods

東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
TEL: 03-4400-5201 FAX: 03-6369-3727 

代表取締役:石塚孝一

事業内容:培養肉の開発、植物性食品の開発・販売

 

親会社:

Dr. Foods, Inc. (米国法人)

CEO: Koichi Ishizuka

会社URL:https://dr-foods.net

 

証券コード: DRFS

上場市場: OTC Markets (米国)

https://www.wsj.com/market-data/quotes/DRFS

SEC(米国証券取引委員会)決算報告書提出サイト

https://sec.report/Ticker/DRFS

連絡先: info@dr-foods.net

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments