水曜日, 7月 24, 2024
ホーム調査レポートバイオ加工レザーの市場規模、2026年に8億6,800万米ドル到達予測

バイオ加工レザーの市場規模、2026年に8億6,800万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バイオベースレザーの世界市場 (~2026年):原料 (キノコ・パイナップル・コルク・果物残渣)・用途 (フットウェア・衣料品・アクセサリー)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を10月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1031803-bio-based-leather-market-by-source-mushroom.html

バイオ加工レザーの市場規模、2026年に8億6,800万米ドル到達予測のサブ画像1

バイオ加工レザーの市場規模は、2021年の6億4,700万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には8億6,800万米ドルに達すると予測されています。バイオ加工レザー市場は、持続可能な動物虐待のない製品を求める消費者の傾向によって牽引されています。バイオ加工レザー市場における継続的な研究開発が、今後の市場機会を増やすことが予測されます。同市場は、北米が主要地域となっており、APAC(アジア太平洋)は、最も急速に成長している地域です。

COVID-19のバイオ加工レザー市場への影響

COVID-19パンデミックにより、バイオ加工レザー市場は、世界的なサプライチェーンの混乱や原材料価格の変動による影響を受け、わずかにマイナス成長となりました。これは、靴、自動車、衣料品、アクセサリーなどの分野の需要が減少したことに起因しています。同市場の成長は、ファッション業界に大きく依存しています。

北米はバイオ加工レザーの最大市場です。同地域は、品質や用途開発の面で、常に需要と製品の革新をリードしており、最も支配的な市場です。最大シェアを占めている米国をはじめとして、カナダ、メキシコなどの主要国で構成されています。バイオ加工レザー市場は、ファッション業界におけるサステイナブルなレザーの需要の高まりにより、大きな成長を遂げており、特に、フットウェアと衣料品・アクセサリーの成長が重要な役割を果たしています。また、市場は厳しい環境規制の影響を受けており、PETAを含む様々な規制団体が、ヴィーガンレザーやバイオ加工レザーの使用を推進しています。

牽引要因:皮革製品の人体への有害な影響バイオ加工レザー利用を促進

皮革のなめし工場からの汚染は、プレタンニング(前処理)とタンニング(なめし)工程での排出量が最も多く、全体の90%近くを占めます。皮なめし工場の排水には、塩、石灰、硫化物、酸などの汚染物質が大量に含まれています。また、革になる動物を育てるためには、大量の水と牧草地を必要とし、木を伐採しなければなりません。砒素などのなめし革用化学物質は、日常的にさらされる労働者の肺がんとの関連が指摘されています。さらに、畜産物の生産には大量の化石燃料が使用されており、本革はポリウレタン(PU)レザーなどの合成皮革に比べて約3倍もの環境負荷がかかっています。しかし、合成皮革を製造するための主な原材料であるPUとPVCは、人や動物の健康および周辺環境に有害な影響を及ぼします。

バイオ加工レザーの製造過程では、本革やPU・PVCベースのレザーと比べて有害な特性はありません。メーカーは、亜麻や綿などの天然繊維に、パーム、大豆、トウモロコシなどの植物を混ぜてバイオベースの革を作ることに力を入れています。また、バイオベースのレザーの製造には、酵母発酵によるコラーゲン、マッシュルーム、食品産業からの副産物、サボテンなど、様々な細胞、菌糸などの副産物が使われています。これらの要因が、最終用途産業におけるバイオ加工レザーの需要を促進しています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1031803-bio-based-leather-market-by-source-mushroom.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments