金曜日, 5月 24, 2024
ホーム経営情報サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施

AIを使った独自の藻類発酵技術を持つ株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施、美味しい藻「うま藻」の販売を進めると共に、独自技術の開発を加速させる。

株式会社AlgaleX(本社:沖縄県うるま市、代表取締役:高田 大地、以下、AlgaleX)は、千葉道場ファンド、Beyond Next Ventures株式会社、食の未来1号投資事業有限責任組合(kemuri ventures合同会社)、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、他エンジェル投資家数名を引受先とした第三者割当増資により、プレシリーズAラウンドにて約2.5億円の資金調達を実施しました。調達した資金で、旨味とDHAが豊富な藻「うま藻」のブランディング及び販売拡大を進めると共に、未利用食品から各種機能性成分を有する藻を生産する独自のAI発酵技術「Brewer24」の開発を加速させて参ります。

  • 株式会社AlgaleXとは

「今ある美味しさを、次の世代へ繋ぐこと」をミッションに、泡盛の粕から美味しい藻「うま藻」を作り出すサステナブルフードテックカンパニーです。廃棄されてきた泡盛粕などの未利用食品を活用し、からだに嬉しい成分を豊富に含む藻を作り出すAI藻類発酵技術「Brewer24」を保有。当該技術で、藻を通じてDHAや旨味などを作り出すことで、減りゆく魚や、昆布やイワシなどの旨味食材を少しでも次世代へと繋いでいくことを目指しています。

  • 美味しい藻「うま藻」とは

当該技術をベースに、未利用食品である泡盛粕を活用して生まれた藻が「うま藻」です。DHAを豊富に含むだけでなく、カラスミのような濃厚な旨味と五感を刺激する芳醇な香りが特長です。既にミシュラン星付きレストランでうま藻を使ったイベントを実施、植物性ながら強い旨味を持つ新食材として注目を集めています。

【Makuakeにて先行販売中】

現在Makuakeにて先行販売を実施中です。既に300名以上の方々から温かい支援をいただいております。うま藻をまだ体験されていない方は、この機会にぜひお試しいただけますと幸いです。 

Makuake URL: https://www.makuake.com/project/umamo/

  • 本ラウンドの引受先

 千葉道場ファンド 石井 様 / 代表取締役

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像1

AlgaleXにリードインベスターとして投資させていただきました! 栄養価が豊富かつとても美味しい「Umamo」はもちろんのこと、その大量培養技術、そしてチームの皆さんの熱意が大変素晴らしいと感じております。 AlgaleXが掲げるミッションおよび、持続可能性のある水産業の実現に向けて、起業家コミュニティ「千葉道場」としてもご支援してまいります。

Beyond Next Ventures 有馬 様 / パートナー

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像2

前回のシードラウンドでリード出資を行い、この度のシリーズAラウンドにおいても、リード投資家として追加出資をさせていただきました。AlgaleXが独自開発する「うま藻」は、独特な味を持つ藻に美味しさという革命を起こし、さらに廃棄食材をアップサイクルして生み出されるサステナブルな旨味食材です。今後プラントベースフード業界を中心に同社のうま藻が新たな調味料としての地位を確立していく未来を確信しています。世界中に「うま藻」ファンを増やし、AlgaleXが目指すビジョンの実現に向けて、新たに参画された投資家の皆様と共に、One Teamで高田代表率いるAlgaleXチームを全力でサポートします!

食の未来ファンド(kemuri ventures) 岡田 様 / 代表パートナー

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像3

においが無く加工しやすい「藻類由来のEPAおよびDHA」の市場規模は、今後伸びていくことが世界的にも期待されています。その中で、AlgaleX社は、未利用資源(泡盛の酒粕など)を活用した「独自の藻類培養技術(特許取得済み)」を保有していることが大きな強みです。そして、国内だけでなく海外の市場も十分に狙っていける、同社チームメンバーの経験やポテンシャルも、評価しました。

 我々はフードテック特化型ファンドらしく、 資金面と事業面でAlgaleX社をサポートしていきます。

三菱UFJキャピタル 李 様 / 副部長

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像4

この度はAlgaleX様に出資させて頂く機会に恵まれたこと嬉しく思います。海洋資源が減っている中、持続可能な栄養源の確保は喫緊の課題です。当社のUmamoは藻類ベースであり、味も美味しく、魚介類に頼らない持続可能なプラントベースの栄養源として、食材の新ジャンルになり得るポテンシャルを持っていると思います。今後は食用だけではなく、飼料用など、様々な分野で持続可能な栄養材を提供できるトップ企業に成長されることを期待しています。弊社もMUFGの一員として引き続き当社成長に貢献して参ります。

SMBCキャピタル 今枝 様 / 次長

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像5

高田さん率いるAlgaleXにご支援の機会を得、とてもうれしく思います。まさにカラスミという表現がぴったりの、磯の風味が豊かなこのうま藻に、召し上がった方は、みな感動されるに違いないと思います。チーム一丸となって、あらゆる未利用資源を探し、泡盛粕という未利用資源に辿り着いた結果生まれたうま藻は、美味しいだけでなく、サステナブルな社会の実現に貢献する、AlgaleXの重要なカルチャーを体現していると思います。うま藻をより多くの方々に召し上がっていただく機会が増えることを願ってやみませんし、更にその先に、AlgaleXが生産する藻によって、世界の水産資源を取り巻く不安を払しょくする未来が一日でも早く実現するように、全力でサポートさせていただきます!!

個人投資家 麻生 様

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像6

安定生産のめどが立たず、食材としての用途や可能性もまだ見えていなかった頃から、水産資源のサステナビリティに貢献しようと奮闘するAlgaleXを応援してきました。このたびついに商用生産に踏み切るだけの生産技術を確立し、「Umamo」として販売開始できたことを心から嬉しく思っています。感無量です。Umamoは、完全プラントベースのDHA食材として、将来的には水産資源のサスティナビリティに貢献する破壊的イノベーションでありながら、その本当の凄さは「おいしさ」にあります。すでにヴィーガンや精進料理など、動物性のものを使わない料理の世界で注目されつつある新世代の食品・調味料としてのUmamoを、ぜひ試してみてください! これからも、AlgaleXが目指すおいしくてサスティナブルな世界づくりを全力で応援していきます。

個人投資家 丸 様

サステナブルフードテック 株式会社AlgaleXがPre-Aラウンドで2.5億円の調達を実施のサブ画像7

沖縄地域の課題となっている泡盛粕というバイプロダクトに、藻類を通じて新たな価値を創り出す事業は、まさにサーキュラーエコノミーのど真ん中です。コンセプトのみならず、藻類では難しい「美味しさ」という領域で独自の価値を作り出すことにより、成長の道筋が明確になり、地域から世界へ羽ばたく企業になるポテンシャルを感じました。
私自身が生涯で実現したいテーマの一つは「藻類が世界を変える」です。AlgaleXが沖縄の産業を未来へと繋ぎ、世界を変えるベンチャーに成長するよう、これからも全力でサポートしていきます。

 

  • 採用情報

美味しさを未来に繋いでいく、その思いを共有しながら苦楽を共に出来る仲間を募集しています。特にマーケティング、セールス、バックオフィスのポジションで採用を強化しておりますので、もしご興味があればぜひご連絡ください。

連絡先:info@umamo.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments