火曜日, 6月 18, 2024
ホーム調査レポートいざという時の「非常食」は約7割が準備ずみ。プラントベース関心層のリアル

いざという時の「非常食」は約7割が準備ずみ。プラントベース関心層のリアル

災害に備えて防災準備は整っているでしょうか。準備している方のストックの量や内容、選択の理由などを調査。

防災食(非常食)の意識調査 2024 byVEGAN’S LIFE

はじめに

食の多様性が求められる昨今、自治体の一部ではヴィーガンやベジタリアン用、もしくはイスラムの方に対応したハラール食の防災食が準備されるケースが増えてきたようです。

とはいえ、すべての自治体・避難所での対応へはまだ道半ばで、緊急時はまず命を繋ぐことが最優先とされるため、重度のアレルギー症状を持つというケースでない限り、炊き出しや公共提供の防災食で、それぞれの食の多様性に対応してくれる、というのはまだ現実的ではありません。

それゆえ、個人での食の備えがさらに大事になってきます。ただでさえ、不安になりやすい避難中・被災後の生活。普段から食べ慣れているものを用意し、リラックスできるようにしたいものです。

Ethicalize株式会社では、ヴィーガンのいまを調査し、未来につながる情報をお届けするメディア「VEGAN'S LIFE」を通して、ヴィーガン的ライフスタイルを送る読者様に『防災食の備えやその他の意識調査』を行いました。調査の抜粋は以下になります。

質問:「今、自宅に防災食(非常食)をストックしていますか?(防災食にもなる食品を普段生活のために購入しているケースは除く)」

防災食(非常食)のストック有無について

66.9%の方が非常食をストックしている「はい」と回答している。

質問:「「非常食」のストックは何日分備えていますか。」

防災食(非常食)ストックの量について

一番多かったのは「約3日分(59.8%)」ついで「一週間分(22.3%)」「約1日分(12.5%)」

質問:「非常食をどのように選んでいますか。当てはまるもの全てにチェックしてください。」

非常食の選び方について

スーパーや、ドラックストアー、ホームセンターなどお店で買われる方が、合わせて44.7%と、半数近くの方がネットではなく、店舗で購買されているようです。売り場で目にした時に、意識が高まり、購買につながるのかも知れません。

【防災食(非常食)の意識調査 2024 byVEGAN’S LIFE:調査項目】

防災食(非常食)のストック有無について
防災食(非常食)ストックしている量について
防災食(非常食)の内容

防災食(非常食)を選んだ理由
防災食(非常食)の選び方
防災食(非常食)を備えていない理由
防災食(非常食)以外で備えている感染症対策アイテム

今回の調査結果(詳細)は、「VEGAN‘S LIFE」にて公開しています。

https://vegans-life.jp/article/pa6089wnt_1

Ethicalize株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤田健太郎)は、プラントベースや食の多様性を実現すべく、消費者にも企業側にも有益な情報や調査結果を提供しています。

【本データの使用について】

本調査データは、下記2点を満たす場合にご自由に引用頂けます。

①出典を『防災食(非常食)の意識調査 2024 byVEGAN’S LIFE 』と明記して頂くこと

②本ページへのリンクを設置して頂くこと

https://vegans-life.jp/article/pa6089wnt_1

紙媒体などで上記条件を充足できない場合は個別にご相談ください。

【VEGAN'S LIFE 関連サイト】  

HP:https://vegans-life.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/vegans_life_jp/

【本件に関するお問合せ先】

Ethicalize株式会社

https://ethicalize.co.jp/

メール:info@ethicalize.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments