火曜日, 2月 7, 2023
ホーム商品サービスCAN EATの「アレルギーヒアリングシステム」が業界注目のWeb招待状・席次表サービスと新たに連携

CAN EATの「アレルギーヒアリングシステム」が業界注目のWeb招待状・席次表サービスと新たに連携

ゲストは出欠と食事制限をスマホからまとめて登録。「Concept Marry」との自動連携で結婚式場と新郎新婦の負担を軽減

株式会社CAN EAT(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田ヶ原絵里、以下「CAN EAT」)が運営する「アレルギーヒアリングシステム」は、株式会社TAIAN(所在地:東京都新宿区、代表取締役:村田 磨理子、以下「TAIAN」)が運営するWeb招待状・席次表サービス「Concept Marry」と連携しました。「Concept Marry」をご利用中のプランナーの皆様は、アレルギーヒアリングシステムを併用いただくことにより、Web招待状を介して出欠情報と詳細なアレルギー情報を一度にまとめて把握できます。

今後も婚礼・飲食業界のさまざまな企業やサービスとの連携を図り、さらに効率的でストレスフリーなアレルギー対応を実現してまいります。

CAN EATの「アレルギーヒアリングシステム」が業界注目のWeb招待状・席次表サービスと新たに連携のサブ画像1

■出欠確認時にアレルギー情報をまとめて把握!アレルギーヒアリングシステムがWeb招待状・席次表サービス「Concept Marry」と新たに連携
婚礼や宴会等の会食においてゲストの詳細なアレルギー情報をQRコードで簡単に把握し、アレルギー対応の業務効率化と事故防止に役立つWebサービス「アレルギーヒアリングシステム」(https://biz.caneat.jp/allergyhearing/)は、各施設の業務フローや既存の配席表システム・基幹システムとスムーズに連携しながら、これまで4,000人以上のゲストの食事制限に対応してきました。

この度、当システムをますます便利にご活用いただくため、TAIANが運営するWeb招待状・席次表サービス「Concept Marry」(https://concept-marry.me/business/index.html)と新たに連携しました。「Concept Marry」を利用する結婚式場等のプランナーの皆様は、アレルギーヒアリングシステムを併用していただくことにより、Web招待状でゲストの出欠を確認する際に、アレルギーや妊娠中・授乳中の食事制限などの詳しい情報を一度で効率的にとりまとめられます

■Web招待状から登録してもらうだけ!アレルギー対応のコストを大幅削減

CAN EATの「アレルギーヒアリングシステム」が業界注目のWeb招待状・席次表サービスと新たに連携のサブ画像2

CAN EATのアレルギーヒアリングシステムは、団体会食の出席予定ゲストのアレルギーなどの情報を事前に直接入力していただくことで、一人ひとりの詳細な食事制限の情報を正確かつスムーズに把握できるサービスです。

「専用調理器具の使用が必要かどうか」「加熱すれば食べられるかどうか」といった紙のアンケートでは正確に把握することが難しい情報も、クラウド上に簡単にとりまとめ、いつでも確認できます。新郎新婦を介したアレルギーに関するやりとりや、料理伝票や配席表への転記作業を削減できるため、アレルギー対応業務の効率化と伝達ミスの防止に役立ちます

この度の連携により、「Concept Marry」を利用する結婚式場等のプランナーの皆様は、以下の流れでゲストの出欠情報と詳細なアレルギー情報を一度にまとめて把握し、事前準備を今まで以上に余裕を持って進められるようになります。

  1. 新郎新婦がWeb招待状をLINEやメールでゲストに送付します。
  2. ゲストは出欠と「食事制限の有無」を回答します。アレルギー等の食事制限があるゲストは、ガイドに沿って詳細な食事制限の情報を入力します。
  3. 入力された食事制限の情報は、アレルギーヒアリングシステムに自動登録されます。※アレルギー以外の出欠情報などはConcept Marryに自動登録されます。
  4. プランナーはアレルギーヒアリングシステム内でゲストのアレルギー情報を確認し、準備を行います。

 

CAN EATの「アレルギーヒアリングシステム」が業界注目のWeb招待状・席次表サービスと新たに連携のサブ画像3_アレルギーヒアリングシステムの使用イメージアレルギーヒアリングシステムの使用イメージ

※Web招待状においてアレルギーヒアリングシステムをご利用いただくためには、別途お申し込みが必要です。Concept Marryをご契約の際にお申し出ください。
※アレルギーヒアリングシステムには、サービス利用時においてアレルギー事故が発生した場合に治療費や見舞金を補償する保険が附帯しています。

■プランナーの業務負荷が5分の1に。アレルギーヒアリングシステム導入事業者の声
アレルギーヒアリングシステムは、ホテルやレストランでの婚礼、修学旅行、宴会など多様なシーンでご活用いただき、お喜びの声を多数いただいております。配席表システムとの自動連携や、基幹システムとの連携も可能ですので、お気軽にご相談ください。

<導入事業者の皆様の声>

  • ​プランナーのアレルギー対応にかかる業務負荷が5分の1程度になりました。
  • 新郎新婦を介さずに一度ですべての情報をとりまとめられるので、打ち合わせや事前準備がスムーズに進みます。
  • ご本人から直接、しかも事前に回答いただけることで、当日の朝のバタバタがなくなりました。
  • 詳しいアレルギー情報を一覧にしてプリントアウトできるため、プランナー・キッチン間のコミュニケーションの効率化とミスの防止につながりました。
  • 調理サイドは料理伝票への手書き転記や配席表への転記がなくなり、業務負荷を大幅に削減できました。
  • 式場をお料理で選んでいただいた新郎新婦様からは特にご好評いただいています。

サービスURL:https://biz.caneat.jp/allergyhearing/
導入事例一覧:https://biz.caneat.jp/category/allergyhearing/
お問い合わせフォーム:https://biz.caneat.jp/allergyhearing/contact/

■Web招待状・席次表サービス「Concept Marry」について
婚礼事業者・新郎新婦の負担軽減を支援してきた株式会社TAIANが運営する、Web招待状・席次表サービスです。挙式日程変更が無料、事前決済などの機能も充実しており、コロナ禍における非対面・非接触サービスの実現もサポートします。

Web招待状の作成のみならず、席次表もWebで完結するため、ゲストの情報の管理や転記・添削工数の手間など、煩雑な作業を削減します。豊富なデザインテンプレートの中から、結婚式のコンセントに合わせてWeb招待状を作成することも可能です。

婚礼施設向けサービスURL:https://concept-marry.me/business/index.html

■株式会社CAN EATについて
「すべての人の食事をおいしく・楽しく・健康的にする」をミッションに、食べられないものがある人の外食を救うサービス「CAN EAT」はじめ、食物アレルギー当事者やアレルギー対応に取り組む外食事業者を支援するサービスの開発・運営を行っています。

会社名:株式会社CAN EAT(英語名:CAN EAT Inc.)
代表者:代表取締役社長 田ヶ原絵里
本社所在地:東京都新宿区天神町7番地11 No.14
設立:2019年4月1日
公式HP:https://about.caneat.jp
食べられないものがある人の外食を救うサービス「CAN EAT」:https://caneat.jp
アレルギーヒアリングシステム:https://biz.caneat.jp/allergyhearing/
アレルギー管理サービス:https://biz.caneat.jp/allergenlist/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments