火曜日, 1月 31, 2023
ホーム商品サービス【緊急販売】ひょう(雹)の被害を受けた生産者を支援被災した埼玉県の生産者が作ったとうもろこし3万本を販売します(6/16〜)

【緊急販売】ひょう(雹)の被害を受けた生産者を支援被災した埼玉県の生産者が作ったとうもろこし3万本を販売します(6/16〜)

 関東を中心としたひょうの被害により、被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

 食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が展開するOisixは、本年6月上旬のひょうによる被害を受け、被災した埼玉県深谷市の生産者が作ったとうもろこしを、2022年6月16日(木)より販売開始します。また、引き続き被災地の生産者と連携し、被災状況を確認しながら支援活動を検討してまいります。
 被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
URL:https://www.oisix.com/sc/220616corn

【緊急販売】ひょう(雹)の被害を受けた生産者を支援被災した埼玉県の生産者が作ったとうもろこし3万本を販売します(6/16〜)のサブ画像1

埼玉県内の農作物被害は38億円余り 県は特別災害に指定※

 このほど特別災害に指定された埼玉県内の降ひょうによる被害は、農作物(とうもろこし、小麦、ねぎなど)、果樹(なし、梅など)、またビニールハウスなどの施設にも及んでいます。被害が大きかった深谷市の農家、松本 弘さんのとうもろこしは、出荷直前の圃場全体にひょうの被害が発生しています。ひょうが当たった部分の傷みは時間の経過とともに悪くなる可能性があるため、いち早く出荷する必要があります。
※埼玉県農林部2022年6月14日発表資料より

【緊急販売】ひょう(雹)の被害を受けた生産者を支援被災した埼玉県の生産者が作ったとうもろこし3万本を販売します(6/16〜)のサブ画像2

 Oisixでは、このたびの降ひょう被害を受け、被災された生産者の方々へのお見舞いと復旧支援を目的として支援販売を開始します。収穫後、見た目の一部に傷がついていても、実はおいしくいただける状態のものを検品した上でお届けします。

 

【緊急販売】ひょう(雹)の被害を受けた生産者を支援被災した埼玉県の生産者が作ったとうもろこし3万本を販売します(6/16〜)のサブ画像3

【とうもろこしの生産者・松本さんコメント】

「6月2日、埼玉県にひょうが降り、今シーズンはとうもろこし(味来)が多大な被害を受けてしまいました。ですが、ここまで美味しく育ったとうもろこしをなんとか皆様に味わっていただくため、スタッフと出荷前にしっかり検品を行った上でお届けします」

商品概要

商品名:※価格は税込
とうもろこし(埼玉県産)1本 461円(5%割引)
とうもろこし(埼玉県産)2本 894円(8%割引)
とうもろこし(埼玉県産)3本 1,312円(10%割引)

商品詳細:悪天候に負けず、元気に育ったとうもろこしを特別価格でご用意しました。
栽培するのが難しい品種ですが、おいしさにこだわり、丹精込めて育てました。甘さがしっかり感じられる仕上がりです。
販売期間: 2022年6月16日(木)10:00~(なくなり次第終了)
販売ページURL:https://www.oisix.com/sc/220616corn

食品宅配サービス「Oisix」について

【緊急販売】ひょう(雹)の被害を受けた生産者を支援被災した埼玉県の生産者が作ったとうもろこし3万本を販売します(6/16〜)のサブ画像4

2000年に設立。「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトとした、有機野菜や特別栽培野菜、合成保存料・合成着色料を使わない加工食品などの生鮮食品を取り扱うEC食品宅配サービスです。
現在、会員数は346,083人(2022年3月末時点)で日本全国の方にご利用いただいています。
2013年7月に販売を開始した、必要量の食材とレシピがセットになり主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット『Kit Oisix』は、シリーズ累計出荷数が1億食(2021年11月時点)を突破しています。

オイシックス・ラ・大地株式会社について
オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の国内主要ブランドを通じ、安心・安全に配慮した農産物、ミールキットなどの定期宅配サービスを提供しています。子会社の買い物難民向け移動スーパー「とくし丸」や、米国でヴィーガンミールキットを展開する「Purple Carrot」も含め、食のサブスクリプションサービスを広げています。
当社は、「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)として、サブスクリプションモデルによる受注予測や、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄が削減できるミールキットなどを通じ、畑から食卓まで、サプライチェーン全体でフードロスゼロを目指しています。
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments