木曜日, 12月 8, 2022
ホーム商品サービス​Vegan Ramen UZU Kyoto、フードロスゼロを目指す新メニュー「美山 五味の湯葉巻き」の提供を開始。ヴィーガンラーメンスープのだしがらや出がらし茶葉を再利用。

​Vegan Ramen UZU Kyoto、フードロスゼロを目指す新メニュー「美山 五味の湯葉巻き」の提供を開始。ヴィーガンラーメンスープのだしがらや出がらし茶葉を再利用。

​Vegan Ramen UZU Kyoto、フードロスゼロを目指す新メニュー「美山 五味の湯葉巻き」の提供を開始。ヴィーガンラーメンスープのだしがらや出がらし茶葉を再利用。のサブ画像1

ヴィーガン専門店「Vegan Ramen UZU Kyoto」(京都・御所南)は、フードロスゼロを目指す新メニュー「五味の湯葉巻き」(税込¥1,400)の提供を開始しました。
ラーメンのスープを煮出す際に使用した、だしがらの昆布・椎茸、出がらしの茶葉を再利用する事を念頭に開発。通常はそのまま捨てられてしまうことの多いこれらの材料を、醤油で甘辛く炊いて佃煮にし、大葉やワサビ、オリーブオイルを合わせることで、豊かな風味と清涼感を両立させました。醤油は、島根の老舗「井上醤油店」の古式醤油を使用。古式醤油は、自然に身を委ね、自然とともにあるという理念の元、江戸時代末期より延々と受け継いだ古式製法で醸造されています。
生湯葉は、京都の清流の里・美山の水と、その水で育った大豆で作られた「京・美山ゆばゆう豆」の湯葉を使用しています。
※胡麻を含みます。

Vegan Ramen UZUは、ヴィーガン料理を通じて、環境問題や食の問題、そして"地球と人との関係"を考えるきっかけを作りたいと、考えています。
私たちは、生きる為に何らかの命を食べ物として取り込み、エネルギーと物資を排出しています。つまり、生命の構造は、そのもの自体ではなく、それらと連続する環境によって作られています。排出した物資をゴミとして処分するのではなく、循環サイクルへ戻すことが重要と考え、フードロスゼロを目標に掲げています。

Vegan Ramen UZU Kyoto

https://vegan-uzu.com/pages/uzu-kyoto
京都府京都市中京区梅之木町146

​Vegan Ramen UZU Kyoto、フードロスゼロを目指す新メニュー「美山 五味の湯葉巻き」の提供を開始。ヴィーガンラーメンスープのだしがらや出がらし茶葉を再利用。のサブ画像2

ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022 にビブグルマンとして掲載されました。
店内には、チームラボの作品《反転無分別 – Black in White》を展示しています。
https://www.teamlab.art/jp/w/reversible_black_seven/

営業日: 木、金、土、日
※8/15(月)は営業

営業時間:

11:30〜15:00 L.O.14:30
18:00〜22:00 L.O.21:00
※Instagramで最新情報をご確認ください
https://www.instagram.com/vegan_uzu/

定休日: 月、火、水
祝日の場合は営業します。

※安全管理上、6歳以下のお子様の入店は、お断りしています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments