火曜日, 6月 18, 2024
ホーム商品サービス【ヴィーガン対応】植物から濃厚なチャーシュー開発 輸出・インバウンド向け生産開始 グリーンカルチャー

【ヴィーガン対応】植物から濃厚なチャーシュー開発 輸出・インバウンド向け生産開始 グリーンカルチャー

植物から生まれたチャーシュー!?海外のヴィーガンラーメンに魂を吹き込む立役者の登場。自由で開かれた食の選択肢を日本から世界へ

代替タンパク食品の研究開発を事業とするグリーンカルチャー株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役:金田郷史)は、この度、植物性の組織状たんぱく質を主原料とした植物由来「Green チャーシュー」の開発を行い、2023年9月11日(月)より事業者向け受託販売を開始致します。

【ヴィーガン対応】植物から濃厚なチャーシュー開発 輸出・インバウンド向け生産開始 グリーンカルチャーのサブ画像1_ラーメンを彩る『Green チャーシュー』ラーメンを彩る『Green チャーシュー』

  • ラーメンの立役者!チャーシューを植物から再現

・動物性原料不使用ヴィーガン対応の『Green チャーシュー』

・コレステロール0mg/100g (※当社分析値)

・着色料、香料不使用

・しっかりした味付けでスープにうまみを与えます。

・ラーメンのトッピングはもとより、丼ものとして、チャーハンの具としてもお使いいただけます。

・加熱済冷凍製品。半解凍状態でカットしやすくなります。

・電子レンジ、オーブン、フライパン、湯煎加熱、すべての調理方法に対応。

・大豆ミートをより進化させた肉質感が特徴

  • チャーシューなのに『コレステロール0mg』の新提案

一般的なチャーシューの脂質に含まれるコレステロール値は46mg/100g(※焼き豚栄養成分 日本食品標準成分表(八訂))ですが、Greenチャーシューは0mg/100gとなり、コレステロールが気になる方に安心してお召し上がりいただけることが特徴です。コレステロールは動物性食品に含まれており、特に肉や脂身に多く含まれていることで知られています。コレステロールが高い食事は動脈硬化の原因となり、このような食事傾向がある場合、野菜や豆類の摂取が推奨されています。

Greenチャーシューは動物性原材料不使用で、植物性タンパク質を主原料としていることから、コレステロール値を心配することなくタンパク質(11.2g/100g)を摂取できる『新しい食の選択肢』と言えます。

【ヴィーガン対応】植物から濃厚なチャーシュー開発 輸出・インバウンド向け生産開始 グリーンカルチャーのサブ画像2_カットの仕方で様々なバリエーションとして使える『Green チャーシュー』カットの仕方で様々なバリエーションとして使える『Green チャーシュー』

<製品情報>

・製品規格:1kg

・温度帯:冷凍

・ケース入数:13本

・販売方法:少量受託生産

・想定提供先:海外ラーメンチェーン店、インバウンド対応の国内ラーメンチェーン店、居酒屋チェーン店など

  • 海外で普及するラーメンと『ヴィーガン対応』の実情

「日本滞在時に食べた日本料理」について、アメリカ、イギリス、フランス、中国、韓国人男女計1,200人を対象とした調査(※農林中央金庫 2023年)では、「すし」「天ぷら」「ステーキ・焼肉」に次ぐ第4位に「ラーメン」がランクインしていることからも、外国人によるラーメンに対する需要の大きさを伺い知ることができます。また、2013年時点において、アメリカを筆頭に既に世界で1,000店舗以上のラーメン店が開業されており(※新横浜ラーメン博物館 2013年)、2023年現在では増々増加していることが予想されます。

特にその中で現地にローカライズしたラーメンが提供されることが多く、近年ポピュラーになりつつあるのが「ヴィーガン(動物性不使用)」対応であり、主に北米とヨーロッパを中心に、ラーメンの選択肢の一つとして広がりを見せています。一方、ベジタリアン、ヴィーガンラーメンのチャーシューに相当する食材に野菜や麩が代用されている場合が多く、動物性のラーメンに完成度で一歩引けを取る場合があります。

Greenチャーシューはこうしたヴィーガンラーメンの課題を解決し、ヴィーガン対応であっても本格的なラーメンのおいしさを楽しんでいただくことができるよう開発された製品となります。

【ヴィーガン対応】植物から濃厚なチャーシュー開発 輸出・インバウンド向け生産開始 グリーンカルチャーのサブ画像3_『Green チャーシュー』を使用して海外で人気のヴィーガンとんこつラーメンを再現『Green チャーシュー』を使用して海外で人気のヴィーガンとんこつラーメンを再現

グリーンカルチャー株式会社は、「健康と地球とずっと。」をテーマに掲げ、サステナブルな未来をつくるため、植物肉の開発・製造・販売を行っております。代表の金田郷史氏が、米国留学時に日本より多様性に富んだ現地の食環境に衝撃を受け、日本でもプラントベース食品を身近にしたいとの思いから、通信販売専門店として2011年に創業いたしました。2021年4月には、事業を運営する中で蓄積したプラントベース食品開発のノウハウを活かし、植物肉「Green Meat™」の開発に成功し外食事業者向けの販売を開始しました。

設立から12年間、顧客に誠実に向き合う中で得た最終消費者の嗜好に関する知見や、独自の研究開発データベースを活用することで、既存の畜肉を補うだけではなく、「畜肉よりおいしくて健康的」な植物肉を皆様の食卓へお届けできる未来を創造していきます。

【ヴィーガン対応】植物から濃厚なチャーシュー開発 輸出・インバウンド向け生産開始 グリーンカルチャーのサブ画像4

会社名 :グリーンカルチャー株式会社
住所 :東京都千代田区神田駿河台二丁目3-12 5階(本店営業部)
設立年月:2011年2月14日
資本金 :2.6億円(資本準備金を含む)
事業内容:植物肉Green Meat™️ 事業の展開、プラントベース食品専門通販サイト、グリーンカルチャーONLINE STORE等の運営
URL :https://greenculture.co.jp/

<本件に関する事業者様向けお問い合わせ窓口>
グリーンカルチャー株式会社 法人営業チーム
MAIL:business@greenculture.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments